About

えほんやく【絵本のような翻訳】

 

”えほんやく” は、kasumiyが参加したイベント(セミナー・勉強会・ワークショップ)のメモ等を公開しているブログです。「文字で書けるコトは、すべて絵で描ける」をモットーに、ものごとやサービスの仕組みを絵本のように翻訳しています。

興味があるイベント

その他UX関連。

 

メモは重要

あなたはイベントに参加したとき、内容を忘れない為に、要点をどの様にメモに描き留めていますか?

メモは、それ自体では整理整頓された情報にはなりえません。

優れたメモは、明日の自分やイベントに参加していた第三者が見たとき、記憶を呼覚ますだけでなく、発想や連想・思考を活性化する情報になりえます。

 

”えほんやく”とは?

プレゼンターの言葉・図を、絵本のように、登場人物やものごとの関係性が見えるカタチで、感情・心情を含めて、ストーリーに仕立てる(翻訳する)ことです。

 

えほんやくのメリット

  1. スピーディーに記録できる。
  2. ストーリーが見えやすい。
  3. 記憶に定着しやすい。
  4. コミュニケーションを活性化する。

 

1.スピーディーに記録できる。

イベントで、プレゼンターの言葉・図を全て文字でメモすることはたくさんの時間と労力が必要です。
えほんやくなら、同じ言葉をひとつの絵で表したり、描いた絵に追記しながらメモを完成させることができます。
文字で書くよりもずっと早く、記録することができます。

 

2.ストーリーが見えやすい。

文字でメモを取ると、時系列や動作の主体がわかりづらくなってしまいます。
えほんやくなら、まるでひとつの物語のようにメモを取ることができ、ものごとやサービスの仕組みの全体像をつかむことができます。

 

3.記憶に定着しやすい。

えほんやくは、発話者の言葉を頭の中で「絵」としてイメージし、メモに描き起こします。
言葉や言語を司る左脳記憶は少量しか記憶できませんが、イメージを司る右脳記憶は大量に記憶することができると言われています。
えほんやくなら、長時間に渡るセミナーでも、ずっと記憶しておくことができます。

 

4.コミュニケーションを活性化する。

えほんやくメモは、文字で書かれたメモよりも人の興味・関心を集めることができます。
資料にえほんやくを用いることで、資料を読み取ろうとする姿勢が生まれます。
文字の資料よりも共通認識を持ちやすく、活発な議論が生まれます。